スプレーで作るオリジナルプリントTシャツ

ハンドメイドの人気が高まっていて、Tシャツなどの服に
オリジナルのプリントをすることが流行しています。
市販されている道具を使って、誰でも簡単に
オリジナルプリントTシャツを作ることができます。

作り方は様々で、転写プレートを使ってアイロンで模様を写す方法や、
布用絵の具で直接描く方法、スプレーを使う方法があります。
スプレーは布に使える専用の塗料が市販されています。

色の種類も豊富で、ラメ入りのものもあります。比較する

ラメ入りを重ねて塗ることで、味が出てお洒落な印象に
仕上げることができます。

スプレーをそのままTシャツに吹き付けて文字を描いても
味のある仕上がりになりますが、細かいデザインの
プリントをしたい場合には型紙を作ってその上からスプレーします。

それぞれの形自作した型紙を使えば世界に
ひとつだけのTシャツを作れます。

型紙はデザインを印刷した紙を
重ねたり直接描いて、段ボールや
クリアファイルなどをカッターで
切り抜いて作ります。

文字や絵がデザインされた
ステンシルプレートも市販されています。

タイダイ染めでのオリジナルTシャツの作り方

タイダイ染めは、エスニックな雰囲気のある魅力的なアイテムであり、
絞り染めのことを言います。

同じように作っても全く同じ絵柄を出すということは難しいものであり、
たった一つだけのオリジナルTシャツにもなります。
タイダイ染めでオリジナルTシャツを作りたいという場合には
業者に依頼することもできるのですが、
自宅で自分で制作することもできます。濃い目

Tシャツの一点をつまんでそこを
中心に布を巻き付けていき、
ほどけないようにしっかりと
紐で固定をします。

そこに染料を染み込ませて
流し入れていくだけなのですが、
多くの種類の染料を用意することで
カラフルな絵柄を作ることもできます。

枚数また、染料の薄め具合によって
濃さを調整してグラデーションに
することもできるので、一色だけでも
印象的なTシャツを作ることができます。

染める時には染料が下に流れ出て
絵柄がぼやけてしまうので、
網の上にのせておくといいでしょう。

染まった後にはソーピング剤で
色をしっかりと定着させます。