オリジナルTシャツをアレンジして着こなす方法

お祭りやイベントのユニフォームとして
作ったオリジナルTシャツですが、
イベントが終わってしまうとたんすの
肥やしになってしまっている、
という人も多いかもしれません。

多彩そんな時は、オリジナルTシャツを少し
アレンジして着てみましょう。
ここでは、オリジナルTシャツの
アレンジと着こなし方について
紹介します。

オリジナルTシャツのアレンジで
おすすめなのが、裾や袖に
フリンジ加工をする事です。

加工の仕方はとても簡単で、袖や裾に一定の幅で
切れ込みを入れていくだけです。

ハサミ一本でできますし、フリンジの幅や長さを変えてみたり、
フリンジの末端を結んでみたりすると、印象が変わって
オシャレに着る事ができます。目的に合わせて

ハサミで切るのはちょっと抵抗があると言う人は、
裾をひとつ結びに結ぶと、普通にTシャツを着るのとはまた違った
アクティブなイメージを与えることができます。

ノースリーブのワンピースやキャミソールの上からTシャツを着て
脇で裾を結んでみたり、髪留めで止めてみたりすると、
下の服の柄が見えてオシャレに着こなすことができます。

レディースサイズのオリジナルTシャツが作れる業者

オリジナルTシャツは、専門業者で作ってもらう事が可能であり、
国内には様々なタイプの業者が点在しています。必要なこと

メンズ物からレディース物まで対応している業者を選べば、
目的に合ったサイズやカラーリングやデザインのオリジナルTシャツを
制作する事が出来ます。

レディース物の特徴としては、メンズよりもサイズが小さめであり、
カラーリングもピンクなど女性が好みそうな物が主体となっています。

コツを知っておくデザインに関しても、女性が好みそうな
イラストやロゴなどを使って制作していく
事ができ、ロット単位で注文を
受け付けています。

オリジナルTシャツでも、デザインに
流行りがあり、業者に依頼する前に
デザインを十分に検討してから、
データ入稿を行なった方が良いです。

フリーサイズを用意しておけば、どのような体形の人でも
それぞれに応じたコーディネートを行う事ができ、ファッションを
楽しむ事が出来ます。

カラーリングを多彩に揃えておけば、商品を販売した時に、
顧客が選びやすくなります。

オリジナルTシャツのプリントを安く済ませるコツ

分かれ目オリジナルプリントのTシャツを
作りたいけれど、人数分の
Tシャツを作るには予算が
足りないということは
よくあることです。

又、イベントなどで出来るだけ
多くのオリジナルTシャツを
作りたい場合には、一枚当たりの
コストをいかに下げるかが
大きな課題になることも有ります。

その為、安く済ませるコツを知っておく事は、効率的に
オリジナルTシャツを作る上で非常に重要です。

オリジナルTシャツを作るための費用は、作る会社の価格設定によっても
様々ですが、基本的にはその製作コストが大きな割合を占めるものです。

その製作コストとは、インク代と版下代に大きく左右されます。
この両方を節約することで、より安くオリジナルTシャツを作ることが
出来るようになります。大きな課題

インク代を節約するためにはインクの使用量を少なくすることが必要です。
そのためには印刷面積を小さくすることと、シャツの生地の色による
使用量を把握することが重要になります。

とくに濃い色の場合には図柄の下地を印刷する必要があり、
インクを余計に使用する事が多いので、注意が必要になります。

又、オリジナルTシャツの印刷を行う場合には版下を作成することが多く、
この版下を利用して何枚印刷するかで一枚当たりの版下代が変わります。

枚数が多いほど一枚当たりの費用は安くなるので、この枚数を
考慮することが重要になるのです。

オリジナルTシャツを作成する会社の多くは、このような考え方で
その作成費用を算出しています。

この金額を良く比較し、安い会社を選ぶことが大切です。