プリント

オリジナルTシャツのプリントを安く済ませるコツ

分かれ目オリジナルプリントのTシャツを
作りたいけれど、人数分の
Tシャツを作るには予算が
足りないということは
よくあることです。

又、イベントなどで出来るだけ
多くのオリジナルTシャツを
作りたい場合には、一枚当たりの
コストをいかに下げるかが
大きな課題になることも有ります。

その為、安く済ませるコツを知っておく事は、効率的に
オリジナルTシャツを作る上で非常に重要です。

オリジナルTシャツを作るための費用は、作る会社の価格設定によっても
様々ですが、基本的にはその製作コストが大きな割合を占めるものです。

その製作コストとは、インク代と版下代に大きく左右されます。
この両方を節約することで、より安くオリジナルTシャツを作ることが
出来るようになります。大きな課題

インク代を節約するためにはインクの使用量を少なくすることが必要です。
そのためには印刷面積を小さくすることと、シャツの生地の色による
使用量を把握することが重要になります。

とくに濃い色の場合には図柄の下地を印刷する必要があり、
インクを余計に使用する事が多いので、注意が必要になります。

又、オリジナルTシャツの印刷を行う場合には版下を作成することが多く、
この版下を利用して何枚印刷するかで一枚当たりの版下代が変わります。

枚数が多いほど一枚当たりの費用は安くなるので、この枚数を
考慮することが重要になるのです。

オリジナルTシャツを作成する会社の多くは、このような考え方で
その作成費用を算出しています。

この金額を良く比較し、安い会社を選ぶことが大切です。

スプレーで作るオリジナルプリントTシャツ

ハンドメイドの人気が高まっていて、Tシャツなどの服に
オリジナルのプリントをすることが流行しています。
市販されている道具を使って、誰でも簡単に
オリジナルプリントTシャツを作ることができます。

作り方は様々で、転写プレートを使ってアイロンで模様を写す方法や、
布用絵の具で直接描く方法、スプレーを使う方法があります。
スプレーは布に使える専用の塗料が市販されています。

色の種類も豊富で、ラメ入りのものもあります。比較する

ラメ入りを重ねて塗ることで、味が出てお洒落な印象に
仕上げることができます。

スプレーをそのままTシャツに吹き付けて文字を描いても
味のある仕上がりになりますが、細かいデザインの
プリントをしたい場合には型紙を作ってその上からスプレーします。

それぞれの形自作した型紙を使えば世界に
ひとつだけのTシャツを作れます。

型紙はデザインを印刷した紙を
重ねたり直接描いて、段ボールや
クリアファイルなどをカッターで
切り抜いて作ります。

文字や絵がデザインされた
ステンシルプレートも市販されています。

Powered by Wordpress, Redesign Theme by Tioreo